チャリティミニサッカー大会のお礼(リポート)


1月22日(土)14時より渋谷区スポーツセンターグラウンドにて社会貢献イベントの渋谷区チャリティ・ミニサッカー大会が開催されました。

「タイガーマスク知ってる人は手を挙げて!」一瞬、不思議な顔をした後、ほとんどの子供が手を挙げる。

小学2年生が参加して行われた区長杯争奪戦表彰式と合わせて行った本大会開会式のひとコマ。

「横にいるお兄さんたち一人ひとりがみんなタイガーマスクです。」

参加してくれた皆様への感謝の思いを込めての、意表をついた子供たちへの紹介でした。

「みんなも優しい気持ちや思いやりの気持ちを持ってください。」子供たちにもいつかわかるだろう。


お天気も協力、大寒にもかかわらず絶好のサッカー日和。不手際や変更にも不満も抑え、全ての方が運営に協力してくれました。
審判のいない試合ではフェアプレイ精神での自主判定、お互いをリスペクトした笑顔も多く見られ和気あいあいの楽しいイベントでした。
老若!!また女性も交えてのミニゲーム。チームによっては相手をいたわり?ながらのプレーがとても印象的でした。
参加の皆さまも私達と同じ思いではなかったでしょうか。それは皆さまの満足されたお顔から想像できました。
感謝状贈呈式は「若い人たちが世の中の役に立ちたい、との思いで参加してくれたのは本当に嬉しいことです。風は冷たいけど心の中は温かさで一杯です」の言葉で締めくくりました。

大きなけがや事故もなく大会が成功したのも、渋谷区、教育委員会、そして何よりも参加していただいた皆さまのおかげと心から感謝しております。
協会の社会貢献事業を趣旨を理解してくれたならば、本当にありがたいとことです。別紙会計報告にありますように大変多くの寄付金が集まりました。
ご芳志を皆様のお気持ちとして伝え、有意義に使ってもらうよう「渋谷区社会福祉協議会」に寄付いたします。

大会へのご参加ありがとうございました。

参加チーム(順不同)

加盟チーム     FCクレオ、 セントラルSC(2チーム)、FCトリプレッタ40&30、スクーンストーン、 代々木中学校サッカー部(3チーム)
招待チーム     JCFC、 マスキエッタ(豊島区)
特別参加チーム  シニアトライアル受講生チーム、 協会社員チーム 

会計報告はこちら(PDF)です。

(写真)
人生を楽しむ達人が揃うシニアトライアル受講生によるスペシャル・チームもトライアル精神を発揮し、名だたる加盟チームやコーチを相手に臆せずゲームを楽しみ社会貢献してくれました。サポートに入ってくれた若者達にも感謝!
シニアトライアル受講生チームもがんばりました!

以上

(2011.1.25)