1種 春季リーグ戦順位表(9月5日終了時点)


<1部>
やはり、昨年の覇者リンボンバーレが上がってきた。
東京FCから勝ち点をもぎ取り、4位から2位に浮上。
3位のLSDとは勝ち点12で並んでいるが、当該チームとの対戦成績でLSDから勝利を収めているリンボンバーレが2位に。不思議なことに、リンボンバーレとLSDは現在、勝ち点、勝敗、得点、失点がまったく一緒。リンボンバーレは首位ディアボロよりも残り試合が1つ多いが、直接対決はすでにディアボロの勝利で終えている。となると、リンボンバーレの次節も気になるが、それ以上に気になるのが、ディアボロとLSDの一戦。
この注目のカードは、9月19日。楽しみだ!

<2部Aブロック>
パルコが勝利を収め、6位から4位へ。
パルコは残り試合が多く、このブロックは、まだまだ予断を許さない。

<3部Aブロック>
4位の外苑がゴールドウィンから勝利を収め、首位に浮上。一気に昇格圏内に。

<3部Bブロック>
恵比寿イエローズとゴールデンルールは引き分けに。順位変わらず。

順位表はこちら