シニア春季大会トーナメント準決勝の結果


7月26日、前日の準々決勝で出揃ったベスト4がスポーツセンターで決勝進出を掛けて激突!

第1試合は昨年のリーグ王者・千歳丘とスピードとパワーで勢いにのるパマーズが激突する注目の一戦。試合開始当初から正確なテクニックを駆使する千歳丘に対し、パマーズが猛烈なプレスをしかける一進一退の攻防の中、パマーズは個人技で右サイドを切り裂いて上げたクロスにニアに走りこんだ選手がビューティフルゴールを決め先制点をあげる。その後、早めに追いつきたい千歳丘が分厚い攻撃しかける時間帯が続いたが、カウンターからパマーズが追加点を挙げて勝負あり。

パマーズ 2 – 0 千歳丘

第2試合は予選リーグを1位通過したクンストと2位通過した昨年の優勝チーム、トリプレッタが対戦。この日の暑さもあり両チーム共に慎重な立ち上がりから中盤でのつぶしあいが続く展開。その後、次第にトリプレッタがボールを支配しはじめ、ゴール前へのロングボールに反応した選手が胸トラップからのボレーシュートを鮮やかに決めて先制ゴール。しかし、相手のミスを巧みについたクンストがDFラインの裏へとボールを送り込みあわやの場面を演出するもGKが再三の好セーブで凌ぎきりタイムアップ。

クンスト 0 – 1 トリプレッタ

この結果により決勝のカードはパマーズ vs トリプレッタという同一予選リーグのチーム同士の対戦となりました。勢いにのるパマーズが予選リーグに続いて連勝するのか?トリプレッタが意地を見せるのか?注目の決勝は10月24日に同じくスポーツセンターで開催予定です。

秋季リーグ結果

CS2002 0 – 1 NKFC
富士見ヶ丘 1- 1 マイスター