1種 渋谷区代表 無念の初戦敗退


東京都の区市町村の代表がトーナメント方式で優勝を争う第66回東京都民大会のサッカーの部に、1種の選抜選手で構成される「渋谷区代表」が出場。その初戦が5月6日(月祝)に駒沢第2球技場で行われ、残念ながら、初戦敗退となってしまった。

【 渋谷区代表 1(0-2、1-0)2 東村山市代表 】

「渋谷区代表」は前半立ち上がりからリズムをつかめず、早い時間帯から2失点を許す。
後半は前半の悪い流れを引きずるかに見えたが、味方GKの数々の神がかり的なセービングの連発をきっかけに全員が眼を覚まし、後半22分に待望の1点をもぎ取る。
流れを引き寄せたその後は怒涛の攻撃を試みるが、相手チームの懸命なディフェンスを崩すことができず、試合終了の笛を聞くこととなった。

また来年も挑戦しようではないか。
上を目指して!


応援にかけつけてくれた多くの方々、本当にありがとうございました。

(サッカー「渋谷区代表」一同)