3月24日 女子O-30秋季区民大会の結果


3月24日に渋谷区スポーツセンターで行われた、女子O-30秋季区民大会(8人制サッカー)の結果です。
天気が心配されましたが、時折薄日が射すという好コンディションの中、わずか1日で13チームで優勝を争うという長時間に渡るスケジュールで試合が行われました。
長時間に渡る大会の決勝に残ったのは、アスール八幡山とFCスフィーダ。
アスールはくじ引きにより1位突破を勝ち取ったとはいえ、元々実力のあるチームで準決勝で得点力を魅せ付けて勝ちあがる。一方のスフィーダは予選を圧倒的な力で制しながら、怪我により中心選手を欠いた状態で準決勝に臨み、押されながらもPK戦を制して勝ち上がってきていた。



ここまでの勢いではアスールに分がある中、長丁場20分ハーフの決勝がスタート。
それまでの流れのように試合はアスールが押し展開が続き、スフィーダは我慢のサッカーを強いられる。
アスールはチャンスを数多く作るが決めきれない、時折スフィーダも反撃するが単発で終わってしまう。
そして決勝もスコアレスでPK戦による決着となり、押されていたスフィーダが3-2で制して優勝を飾った。

優勝 FCスフィーダ
準優勝 アスール八幡山
3位 ベルタ
敢闘賞 マーマレーズ

詳しい結果はこちら