「審判」カテゴリーアーカイブ

サッカー4級審判員新規講習会のお知らせ

4/19に渋谷区スポーツセンターでサッカー4級審判員新規講習会が開催されます。

◆サッカー4級審判員新規講習会
期日/2010/04/18
時間/09:30 ~ 17:00(終了時間は予定)
場所/渋谷区スポーツセンター
申し込み締切日/2010/03/29(締め切りました
講習会の申し込みは、JFAのHP(http://www.jfa.or.jp/)から。
年度 2010年度 講習会番号 13R1001356
講習会名称 4級審判員新規講習会

サッカー4級審判員更新講習会の申し込み締切日(6月8日)迫る!

「渋谷区サッカー協会」「東京都知的障害者サッカー連盟」
のサッカー4級審判員のみなさまへ

6月27日(土)に渋谷区サッカー協会が開催する
「サッカー4級審判員更新講習会」の申し込み締切日が近づいてきました。
申し込み締切日は、6月8日(月)です。

◆2010年度サッカー4級審判員登録更新講習会
期日/2009年6月27日(土)
時間/9:00~14:00(終了時間は予定)
場所/渋谷区スポーツセンター
申し込み締切日/6月8日(月)
講習会の申し込みは、JFAのHP(http://www.jfa.or.jp/)から。
講習会の詳細は、こちらへ。

2010年度もサッカー4級審判員としての活動を希望している方は、必ずお申し込みになり、ご参加ください。

サッカー4級審判員更新講習会の申し込みは締め切りました。

相手競技者をリスペクトしよう

渋谷区サッカー協会 審判部
昨年度、渋谷区サッカー協会のあらゆるカテゴリーの試合において、多くの負傷者が発生しました。
打撲、骨折、脳震盪など、その原因の多くが、ボールを保持している相手競技者への不用意なチャレンジによるもの。
相手競技者への接触によりファウルを取られた競技者が、審判員へのアピールとして「自分はボールへチャレンジしている」と主張するが、ボールへチャレンジしているつもりならば、どんなプレイでも許されるのか?危険なプレイでもいいのか?いくらそのチャレンジがボールへ向けたつもりのものであっても、相手競技者を負傷の危険に晒すチャレンジであったとするならば、それらはすべてイエロー、レッドカードの対象であり、そのようなチャレンジはすべて試合から排除されなければなりません。 続きを読む 相手競技者をリスペクトしよう