4級審判員新規認定講習会の報告


<2010年度サッカー4級審判員新規認定講習会>
期日/2010年4月18日(日)
時間/9:00~17:00
場所/渋谷区スポーツセンター

渋谷区サッカー協会が主催するサッカー4級審判講習会が、4月18日(日)に渋谷区スポーツセンターに於いて行われ、41名が受講しました。
この講習会では、受講生をSFAと東京都知的障害者サッカー連盟の関係者に限定していますが、その受講生は、コーチや選手はもちろんのこと、子供の試合を応援するうちに審判に興味を持ち始めた父母などもいて、さまざまでした。

講師には、東京都サッカー協会審判委員会より、同役員の佐野 元康さんにお越しいただきました。
講習会の内容は、午前中は座学。

競技規則(ルールブック)を教材にルールなどをわかりやすく説明し、さらにはあらゆる種類のDVDによるサッカー映像を交えながら、審判員としての視点などを丁寧に解説。

午後は一転、トレーニングウェアに着替えてグランドでの実技講習。
ボールを使用してのライン際のインプレイ、アウトオブプレイなどの確認や、実際にフラッグを使用して、副審のフラッグテクニックの練習。
いまのフラッグテクニックはなかなか複雑で、スローイン、ファウル、オフサイドなどではそれぞれフラッグの持ち方や揚げ方が違うため、それらを、佐野講師が開発したユニークな練習法で、楽しみながらマスターしました。
その後、教室へ戻り、再び講義。最後にルールテスト。
ルールテストも、すべての受講生が基準点をクリアし、無事に41名全員が合格。
晴れてサッカー4級審判員の資格とワッペンを手にすることとなりました。

今年度の講習会では、女性の受講生が増加。
SFAでは昨年度より、フットサルや8人制サッカーなどで、さまざまな女子大会が増えてきているため、女子人口も少しずつ増加傾向にあります。今後は、男性だけでなく、多くの女性審判員も、SFAのサッカー大会を盛り上げてくれることでしょう。

渋谷区サッカー協会 審判部